デザイナーズ省エネ住宅とは? デザイナーズ省エネ住宅とは?

MaHAtシステムとは

マッハシステム

高気密、高断熱住宅のメリットを最大限に活かすのが全館空調と言われています。
しかし、現在の全館空調システムは省エネとは言い難いです。そこで、市販の壁掛けルームエアコン1台で冷暖房ができ、同時に換気、空気浄化、加湿、除湿を行うことができる省エネで快適な室内環境を可能にした次世代全館空調がMaHAtシステムです。

MaHAtシステムのしくみ

「MaHAt(マッハ)システム」は小屋裏や2階などに空調室を設け、ここに屋外の空気や部屋の中を循環した空気を集めて浄化し、ちょうどよい温度にした後、各部屋に送り込みます。つまり、冷暖房、除湿、空気浄化、換気のすべてを行うシステムのことです。
また、特殊な専用機器ではなく、汎用品として広く販売されているエアコン1台と熱交換ユニット及び小型の換気扇を利用するだけです。これらは寿命がきて交換する際にも、容易にローコストで交換できます。

マッハシステムのしくみ

全館空調の流れ

1.空調機室

各部屋を循環した空気と、熱交換器で温湿度の調整された新鮮な外気が集まります。

2.空調機室

空調室のエアコンで温度と湿度を調整。
きれいで心地よい空気をここでつくります。

3.空調機室

空調室でつくった空気を小型の送風機を使って各部屋に空気を届けます。

4.空調機室

部屋の空気は新鮮な空気と入れ変わり、屋外に排出。一部の空気は空調室へ戻ります。

5.空調機室

給気や室温の調整等は、各部屋に取り付けられたコントローラーで調整できます。

6.空調機室

床下にも空調が循環し、床下を一定の温湿度に保ちます。冬の1階床も冷え込みません。

●35坪の延べ床面積の建物に12畳用エアコンが標準(※住宅の条件などによってエアコンの大きさは変化します)。
●このシステムは緻密な設計と計算及び専門の施工技術によって成り立ちます。
 類似の施工を行っても機能しませんのでくれぐれもご注意ください。

高気密・高断熱住宅とは

MaHAtシステムを理解していただくために、
順を追ってご説明してきましょう。

そもそも高気密・高断熱とはどういったものでしょうか。それは断熱材を使って建物の断熱性を高めると同時に、隙間をなくして気密性を高めた住宅のことです。

断熱をされていない住宅の場合、屋根、窓、壁、床などを通して夏は熱せられた空気が入り込み、冬は室内の暖かい空気がどんどん逃げていってしまいます。冷暖房費がかさむばかりか、冬場、お年寄りにとっては暖かい部屋から廊下やトイレ、脱衣場に出た時のヒートショックが命取りにさえなりかねません。そのような家の中の温度差をなくすために導入されたのが高気密・高断熱住宅なのです。

断熱

美しいデザインでゼロエネルギーを目指す家

次世代全館空調MaHatシステム

ゼロエネルギーハウス

デザイナーズ省エネ住宅のモデルハウス

お問い合わせ・資料請求

熊野店/住宅事業部

平日 10:00~18:00

tel.083-251-4141

fax.083-255-0780

メールでお問い合わせ